So-net無料ブログ作成

胃角変形。 [and so on.]

勤務先の健康診断で「胃角変形」と診断されました。
要するに胃の内側にあたる胃角部に、潰瘍等で変形をきたすときに見られる所見だそうです。

そのため精密検査を実施することとなり、内視鏡検査を受けてきました。
vs (1).jpg
とにかく想像するだけで憂鬱になる検査です。

検査日当日・・・
診察前の問診で内視鏡検査に「口から」と「鼻から」があり、選べることを知りました。

どっちがいいの?

通常・・・
鼻より口からの方が鮮明な映像で検査ができるため、小さな病理も見落とさないらしいです。
pic016.jpg
要するにスコープの直径を大きくすることができるため、レンズも大きくなるようです。

ただ反面、鼻からの最大のメリットはオェッとならないことらしい…
苦しさもだいぶ軽減できるようです。
pic015.gif
そりゃ、苦しくない方がいいに決まっている!

と言う訳で、経鼻内視鏡にてお願いをして鼻と喉に部分麻酔をしたのですが…
やっぱり人間のからだは異物を体内に入れてはいけないようにと神様が創ったんでしょうよ。
だって辛かったですもん・・・
鼻でこれですから、口なんか想像を絶しているとしか思えないのは私だけでしょうか??

まぁ、そんな辛い思いをしても、結果 「異常なし」 と言うことで一安心。
それにしても勤務先の健康診断でしたバリウム検査はいったい何だったんだ?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。