So-net無料ブログ作成

巻機山避難小屋。 [trekking]

多く人を惹きつける巻機山ですが、如何せん少し長丁場なのがネック…
そう感じられている方が多いのも否定できません。

1泊2日なら頂稜の湿原をのんびり歩くことも出来る。

そんな方はこの巻機山避難小屋を利用されてみてはいかがでしょうか。
P7296993.JPG
前巻機と御機屋の鞍部に位置しており、水場もあるようだ。(←要確認してください)
ちなみに避難小屋ですから、食料と寝具は持参してくださいね。

実際に私は利用していないのですが、室内を拝見する限りかなりキレイです。
P7296992.JPG
2階建でスペースも広く、トイレもキレイ。
結構、いいんじゃないですか?

これで巻機山が近くなってくれれば幸いです♪

巻機山。 [trekking]

2012年7月29日(日)のお話。

さて、新潟遠征2日目はメインイベントの巻機山を歩くことにします。
天気予報は午後から下り坂…もてばいいなと心に思いながらの歩き始めです。

出足は盛夏の陽射しを遮ってくれる広葉樹の森を、
P7296946.JPG
そして五合目辺りからはそよ風流れるブナ林を、
P7297091.JPG
黙々とハイクアップが続きます。

ただ、計画では割引沢からヌクビ沢を抜ける沢ルートを歩く予定だったのですが、
沢に付いた雪渓の状態が緩いため立入禁止との看板が設置されておりました。
P7297087.JPG
故にこの井戸尾根ルートから登り詰めている訳ですが、六合目からはその沢コースが見渡せます。

そんな井戸尾根も七合目からは辺りの雰囲気も変わり、
P7296957.JPG
ニッコウキスゲが咲きはじめました。

途中、ガスに包まれた時間帯もあったのですが、
P7296972.JPG
なんとか青空も顔を出し始めてくれましたよ。

そして八合目過ぎの前巻機手前辺りの稜線に取り付くと、
P7296977.JPG
今まで見えなかった頂稜付近が見渡せるようになり、
P7296995.JPG
辺りの雰囲気は一変します。

登山道は木道に変わり、
P7297002.JPG
辺りには地塘が点在する、
P7297001.JPG
まさにそこには高層湿原が広がっています。

そんな気持ちの良い頂稜を堪能していると、気付けば巻機山頂の標柱を発見。
P7297006.JPG
しかーしです。
以前、Jetstream777さんがご指摘されていたように、ここは山頂ではなく御機屋と言うところ。

本峰は更に先。
P7297008.JPG
この小さなケルンが巻機山の山頂だそうです。
P7297069.JPG
こりゃ、分からんな。

なんとも味気ないピークなものですから、多くの方がお勧めする牛ヶ岳まで足を延ばしてみましょう。

池塘の脇を木道が貫き、
P7297020.JPG
お花畑を掻き分け、
P7297026.JPG
更に抜け、
P7297049.JPG
傍らには雪渓も広がる。
P7297023.JPG

こんなに気持ちの良いtrekkingは久しぶり、
P7297042.JPG
牛ヶ岳まで足を延ばせと言う意味が分かりました。
P7297041.JPG

頭上には真夏の太陽が輝くも、高層湿原を吹き抜ける風が身体のほてりを奪ってくれる。
巻機山が百名山である訳が分かった気がします。
P7297063.JPG
こんな道を延々と歩いていたいと思わせる山歩きになりました。
新潟遠征成功です。

八海山。 [trekking]

2012年7月28日(土)のお話。

久しぶりの山歩き。
すこーし遠くまで足を延ばそうと、新潟の山をチョイスしてみました。

目的地は昨年の夏、はなねこさんのはなねこ山を見てから山リストに入っていた八海山。
P7286892.JPG
大人アスレチックなお山です。
P7286897.JPG

その昔は修験の山であり、女人禁制の山でもあったようですが、
P7286895.JPG
当然にして現代では老若男女、皆に開かれています。

そんな山でのメインイベントと言えば山頂付近の岩峰たち、
P7286903.JPG
八ツ峰と呼ばれる地蔵岳・不動岳・七曜岳・白河岳・釈迦岳・摩利支岳・剣ヶ峰・大日岳を、
P7286906.JPG
稜線伝いに歩いていくのですが、とにかく全ての山容が格好いい。
P7286908.JPG
眺めているだけでもテンションが上がりますね。

更にこの八海山には八ツ峰の先に最高峰の入道山があるのですが、
P7286913.JPG
残念ながら八ツ峰の大日岳から先は通行止め、ここでピストンすることになります。

ただ、帰路は巻き道を選択することもでき、
P7286932.JPG
ドッシリとした八ツ峰を見上げると雰囲気も変わってみえます。

のんびりとした山歩きもイイですが、たまには気分が高揚する山歩きもイイですね。
子供の時に持っていた冒険心が呼び戻された、まさに夏休みな遠征初日となりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。