So-net無料ブログ作成

雲取山。 [trekking]

2012年6月24日(日)のお話。

最近、私の山歩きと言えば月1回の土日遠征がメインでした。
なので土日のどちらも予定がなく、更に天気が良いと言うことを前提としていたので、
なかなか条件の合う日がなく、どちらか一方のお休みを利用したポタばかりになってました。

そんなこんなで前回の山歩きから2ヶ月が経過してしまう焦りもあり、
日曜日の一日だけでも良いと思い久しぶりの山歩きをしてきたのです。

歩いてきたのは東京都の最高峰である雲取山。
P6246776.JPG

やっぱり6月の山歩きと言えば新緑ですね。
P6246773.JPG
しかも至る所に鳥小屋らしきものがあり、
P6246775.JPG
鳥でも住んでいるのかと思っていたが、どうやら住んでる気配は感じません。

さて、この雲取山は歩いてみて知ったのですが入山者の多い山のようですね。
それ故、山腹には七ツ石小屋があり、どうやら山小屋が充実している山ようです。
P6246777.JPG

その七ツ石小屋を過ぎ、少しのハイクアップをすることで七ツ石山へ至ります。
P6246823.JPG
が、当日の展望はなし…
天候さえ良ければ雲取山に至る稜線が望めるビューポイントのようでしたから…残念です。

そんな七ツ石山から石尾根縦走路を雲取山方面に歩いて行くと、
P6246789.JPG
一旦、高度を落としていき、この道標を起点に辺りの雰囲気は一転します。
P6246793.JPG
そこは何とも広い縦走路が連なり、五十人平と言う名前の如く平坦な道が続いています。

その五十人平を歩いている辺りで濃いガスに包まれてしまったので目線は必然的に近場へ…
P6246796.JPG
するとツツジが咲いている姿が目に飛び込んできました。
P6246794.JPG
更にはこんなキノコたちも見えてきます。
P6246800.JPG
こんなのもガスに煙る山歩きの醍醐味と思ったほうが良いのでしょうね。

そんな五十人平の先にはテン場を抱える雲取奥多摩小屋があります。
P6246801.JPG
収容人数70名とHPに書いてあったが、そんな大きくは見えなかったけど…すごいな。

さぁ、奥多摩小屋から先はラストスパートになります。
P6246820.JPG
山頂付近の尾根筋には数々の登山道が拡がっており分岐点も数多くなってきます。
P6246803.JPG
その枝のような分岐路を繋ぐ石尾根縦走路は太い幹のように広く整備されており、
P6246804.JPG
山頂まで登山者を導いています。

そして4時間のハイクアップのすえ、東京都の最高峰である山頂に到着しました。
P6246807.JPG
山頂には東京都のほか、目立つ埼玉県、加え山梨百名山の標識まで立っていましたよ。

そんな山頂では御坂山塊越えの富士山をはじめ、南アや八ヶ岳の展望が広がるようですが…
何も見えないので画像は割愛。
しかし大勢いた登山者の顔には長丁場の山歩きから得た達成感がにじみ出ていました。

そんな雲取山は以前から歩いてみたいと思っていた山のひとつ。
情報をくれたJetstream777さんの言うとおり魅力溢れる山であることは分かりました。
ただ自宅のある小田原からだと日帰り山行するにはどうしてもアクセスが悪い…
圏央道さえ繋がれば近い山になる…そうしたら天気のいい日にまた来たいですね。

この日知ったこと…雲取山は皆に元気を分けてくれる山だということです。

nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 7

もうぞう

小屋に泊まって、東京の街の夜景を眺めてみたいな~
by もうぞう (2012-06-28 05:38) 

nousagi

やっぱり日帰りですか?
展望があれば尚よかったですが
あの広々とした尾根道は気持ちいいですね。
行きたい山はたくさんあるのですが
やっぱりアクセスが問題ですね。
by nousagi (2012-06-28 12:05) 

cyu2

雲取だったんですか~。
しかも日帰り、すごいですね。
ウチは絶対一泊しないと無理なエリア(&体力的に)です。
あー行きたいなぁ。hideさんの写真見てたら行きたくなりました。
私も今年は休日出勤が多く、やっと土日休みがきたと思うと雨でいやになります。
そうそう、奥多摩小屋、奥は案外広いんですよ、70人は行けると思います。
ただ布団はあてにしないほうがいいですけどね、湿ってて(涙)

by cyu2 (2012-06-28 20:45) 

Jetstream777

こんばんは! !(^^)!  雲取山、初登頂おめでとうございます。
ここは皇太子殿下もお気に入りの山のようです。
圏央道が出来ると、アクセスは良くなりりますよ。 私も、逆に丹沢へはずっと便利になります! 
次回は初冬に登ってみてください。 晴れて絶好の展望となります。
一番左の巻道を通ってください。 更に印象は変わります。 
by Jetstream777 (2012-06-28 23:19) 

hide

>もうぞうさん

雲取山から東京の夜景が見えるのですか?
当日があまりにもガスっていたのでよく分からないのですよ~

>nousagiさん

日曜日だったので日帰りでしたよ。
そうそう、あの五十人平あたりの開放感には正直ビックリしました。
あんなに変化のある山もないですよね。
今度、アクセスがよくなったら晴天の日に来ようと思ってます。

>cyu2さん

やっぱり、あの奥多摩小屋には70人収容できるのですね。
奥行きですか?
あの見た目からはとても想像できませんね。
でも、そのしっとり感ある布団は何となく想像つきます^^;
しっとり布団の経験者ですか?

>Jetstream777さん

様々なルートを持ち、変化にとんだ山容や登山道は、
飽きさせない山なんだなと思いました。
皆、その魅力に取り付かれリピートしているのでしょう。
一番左の巻き道はブナ坂と言うやつですか?
初冬ですね。天気が良く空気の澄んだ日に再トライしてみますよ!
色々、情報ありがとうございました。

by hide (2012-06-29 00:56) 

テリー

お疲れ様でした。
私も、そのうち、雲取山に行きたいと思っていますが、まだ、体力アップ中ですので、もう少し、あとですね。
by テリー (2012-06-29 16:25) 

hide

>テリーさん

私も初めてだったのですが、
とっても変化にとんだ楽しい山容の山でしたよ。
是非、晴天の日にお出かけを~^^

by hide (2012-06-30 09:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。